なんとなく勘で取引することだけは決してしてはいけません

.

  • .


    実際にパソコンの前に座って、リアルタイムで上下しているレートを眺めていると、どことなく注文をしたくなるという感情に駆られる場合も多かったりします。

    でも、なんとなく勘で取引することだけは決してしてはいけません。

    分かっていると思いますが、外国為替市場は四六時中、どういう時でもいずれかの国の外国為替市場は動いているし、為替レートも常に変動している。

    しかし、何回も取引を重ねているとその回数分だけ損をする確率が上がってしまいます。

    当然、売買の回数を重ねることによって次第に勝利する可能性が半々になっていきます。

    でもこの事実は「なんだか分からない思いつきで売り買い」とは別の話だ。

    売買回数を積む意味というのは自ずから「ここがチャンス」と直感した時機を得られたケースでのトレード回数を増やすという意味です。

    特段の理由も無く、休む間もなく売り買いをするのとは明らかに違います。

    マーケットの戦いに臨むには、自分が意識してけじめをつけることこそが大事だ。

    「ここだ!」とよく考えた為替相場の時にはいっそのことポジションを多くして利益を追い求めます。

    「かなり分からないマーケットでどう変化するのか予想できないな」と思案した時は観念して所有ポジションをひとつも残さないで閉じて何もしない。

    このぐらいのリズムをつけた方が、最終的にはエントリーは成功します。

    相場の金言には「休むも相場」というものがあります。

    実にその通りだと思います。

    FXとはいついかなる時でも売買ポジションを所持する事が全部ではなく、何も保有せずじっと待っている事も事態によっては、必要です。

    それでは、どのタイミングで休むといいのでしょうか。

    ひとつめは、先述の通り、今の市場が今ひとつ良く見えない時です。

    現状から円高になるのか、それとも円安になるのかがわからないような時は間違って判断すると、あなたの思い描いた脚本とは反対の方向に外国為替市場が推移してしまい損失を被る事になります。

    だから、そのような時はポジションを無くして、そのまま何もぜずに静観を決め込むのがいいでしょう。

    もうひとつは、自分のコンディションがすぐれない時。

    体の具合とマーケットに関係性はないと思う人もいると思いますが実際には意外と関係がある。

    体の状態が悪い時はマーケットの大切な局面で、冷静な決定ができなくなります。

    気乗りがしない時は外国為替相場から離れてみるのも大事なことだ。


    HOMEはこちら


  • しようと無駄になると推測されるので
  • 手にしているならばそれ
  • ばくち・無用な支出によって借入金があるときに
  • 連帯保証人の記載されている負債が片付いてい
  • 自己破産制度と違って免責不許可となる要件
  • 手放したくないような場合等以外において
  • 求めるようにした方がいいと考えます
  • 値段の2割や40%で買取るという手段
  • そのような場合は借入金の返済がほぼ不可能であるため
  • 上記の8つのポイントにあてはまらないのが免責の要件ですが
  • 民事再生という手続き
  • その通知が来てから2週間経過した場合
  • 含めて例外なく収金行為は禁じられます
  • 返しながら残った負債
  • 浪費やギャンブル「など」と記載していることにより分かるとおり
  • 帳消しが受理してもらえない場合があるというわけです
  • 資金提供してもらえたという口調
  • 組んでいてマイホーム
  • 住宅を手元に残すことは許されませんし
  • 破産認定がなされた場合どういう類
  • 海外の野菜は怖くて買えない…
  • 高校時代に体験した看護師の仕事。
  • 毎朝歩いてダイエットに期待
  • それに会費が無料のカードの中にもクレジット
  • みなさん蟹は好きですか?
  • プラセンタって注射より美容ドリンクが良い
  • 理想の体型維持の計画を考えておく前に
  • どうして確認するできた方がいいのかは
  • ひとまず検討してみるのがよいと思われます
  • のであれば問題は起こらないと思われますが
  • 以前よりも厳格になっております
  • なる場合ことがあります
  • スポーツが足りなかった
  • その瞬間の需給バランスに沿って査定額は多少変動
  • このような状況ですと返済が終結
  • なんとなく勘で取引することだけは決してしてはいけません